東進模試 東進模試に申し込む 東進模試 4つの特徴
特徴その1

これまでの模試は、偏差値を使った 『 相対評価 』 の志望校判定が常識でした。 しかし、母集団が異なると、判定基準が毎回異なるため、判定にズレが生じます。
東進模試は、大学の学部や学科、試験方式ごとに、合格に必要な目標得点を設定。 その目標得点に対する到達度で、 『 絶対評価 』 を行います。 つまり、毎回の判定基準は同じ。 まわりの状況に左右されることなく、志望校と現在の学力を比較します。 また、絶対評価模試は、連続受験にも適しています。 毎回同じ基準の模試を受けることで、 「 学力のものさし 」 として、自分の成績の伸びを正確に把握できます。

絶対評価の連続模試!
特徴その2

東進模試は、実際の入試と同じレベル・形式・試験範囲で実施される本番レベル模試。 定期的に連続して受験し、 『 絶対評価 』 をすることで、弱点分野や学力の伸びを具体的な点数として把握できます。 だから、科目・分野ごとに 「 合格までにあと何点必要か 」 がわかります。 早期に本番レベルを知り、伸びを実感しながら受験勉強を進めていくことが可能です。 センター試験本番レベル模試と東大本番レベル模試・京大本番レベル模試・難関大本番レベル記述模試とのドッキング判定により、本番同様 「 センター試験 + 二次試験 」 の総合判定を行います。

本番レベルの模試!
特徴その3

学習の成果を分野別にわかりやすく表示した成績表を、最短で実施7日後に返却開始します。 模試を受けるだけで終わることなく、次の学習目標に向けた学習に、いちはやく取り組むことができます。

特徴その4

模試受験後に別の日程で合格指導解説授業を実施します。 従来の、講師の経験と勘に頼った授業ではなく、実際の受験結果データ分析に基づき、確固たる根拠のもとに核心をついた指導を行います。 授業を行うのは東進衛星予備校の有名実力講師陣。 だから、押さえておきたい重要なポイントが手に取るようにわかります。

センター試験本番レベル模試の成績表をご紹介!